博士の愛した数式

じ〜んときた
決して後味が良いわけでもない
むしろ現実の残酷さというかそんなものも感じられなくも無い
けど、読んで良かった