読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅井長政

浅井長政 - Wikipedia
読んだ。
泣けた。
要約すると、

長政は、徳川家光の祖父。
浅井は、朝倉との同盟のために織田と対立したが、度重なる朝倉の敗走によって、結局負けた。
長政の最後、何度か信長は降伏勧告をしたが受け入れず、共に死のうとしたお市を信長のもとに返して自刃した。
お市はその後、柴田勝家と再婚した。

多分何らかのフィルタがかかってるからだとは思うが、
「マジかよ、朝倉。長政、最高!」
な、気分である。


それから、「鬼武者」に出てきた姫様を助けようとして出てきた少年は、後の前田慶次らしい。